はじめが肝心!英語での初対面の挨拶&自己紹介フレーズ保存版 名古屋の英会話教室 the scent(ザ セント)

Column
コラム

the scent.

はじめが肝心!英語での初対面の挨拶&自己紹介フレーズ保存版

英語でも日本語でも、最初の印象が肝心。まずは自己紹介!ですよね?

初対面の印象を良くするために

お決まりの挨拶もいくつか覚えておきましょう。

 

「はじめまして」のフレーズはこんなにあります!

 

一つ目は、

It`s Nice to meet you.(はじめまして。お目にかかれて嬉しいです)

これは、もっとも一般的な初対面での挨拶です。

文頭のIt`sを省略して使うことが多いですよ。

私もこの表現を多用します。

 

続いて、

I`m happy to meet you.(出会えて嬉しいです)

「あなたに出会えて嬉しい」という表現です。

日本語ではあまりしない表現ですが、

英会話では結構使われる挨拶です。

「happy」を「glad」に変えて

I`m glad to meet you.という挨拶もあります。

 

間にfinallyを入れて、

I`m happy/glad to finally meet you.

とすると、

「以前から会いたかった貴方に、ついに会えて嬉しいです」

という意味になります。

共通の知人からその方のお話をよく聞いていた

という初対面の挨拶に是非、お使い下さい。

 

お仕事などでフォーマルな挨拶をしたい場合は、

It`s my pleasure to meet you.(お会いできて光栄です)

がオススメです。  

Nice to meet you. よりも丁寧で

フォーマルなニュアンスになる英会話です。

因みに、相手にこの挨拶をされた場合は

“The pleasure is mine.”(こちらこそ)と返してみましょう。

 

また、

I`m pleased to meet you.(お会いできて嬉しいです)

もフォーマルな言い方です。

文頭のIt`sを省略して使うことも多いですが

省略しなければよりいっそう丁寧な挨拶になります。

 

 

初対面では、必ず使う「はじめまして」という挨拶。

これだけ覚えておけば、困ることはないでしょう。 

ずは、もっとも使いそうな表現から一つずつ

覚えてみてくださいね。

 

「はじめまして」の挨拶ができたら、

もっと会話してみたいと思いませんか?

 

初対面の方とは挨拶だけではなく 

その人のことをもっと知りたいですよね。

 

日本人から見ると                                 

一見オープンに見える外国人。

英会話の最中は日本語で話すよりも饒舌になる                    

という方も、少なくないのでは?

 

しかし実は、日本人と同様に、外国の方にも                       

初対面の方やそれほど親しくない相手には                      

聞かれたくない、話したくないという話題があります。

 

挨拶がしっかりできて、折角良い印象を持ってもらえても               

失礼な人!と思われてしまっては台無しです。

 

初対面で避けた方が良い話題を                           

いくつか挙げてみましょう。

政治や宗教について

アメリカのドラマなどで            

それまですごく良い雰囲気だったのに支持する政党が違う        

と知った途端、一気に空気が険悪になる          

というシーンを目にしたことはありませんか?

 

政治や宗教に関する話題は         

英会話では避けられることが多いです

ただし、初対面でもクリスマスなどのイベント時には    

「あなたの国では、どうお祝いするのですか?」    

と聞かれることもあるかもしれません。

 

そういった場合は、                                

相手の宗教やお祝いの仕方などへの批判は避けて           

ご自身のお話をしてみると 

素敵な異文化交流ができるかもしれません。

 

お金や収入について

この手の話は日本語でも避けられる話題ですよね。                  

英会話においてもデリケートなことと受け取る方が多いので、  

なるべく避けましょう。

 

お勤め先についてもこちらから聞かないのがベターです。

 

年齢について

日本では、女性には聞くことを避ける質問ですが  

タブーという印象は、それほど強くないかもしれませんね。

海外では、よほどのことがない限り

年齢を聞かれることはありません。

 

あるとしたら、病院など 

年齢を知らないと適切な対応ができない場合のみ。

 

”How old are you?”

とても簡単な言い回しなので

ついつい使ってしまいそうですが、

うっかり聞いてしまわないように気をつけましょう。

 

他にも、                                     

結婚しているかどうか 

恋人がいるかどうか

体型についても避けたい話題の一つです。

 

 

私の印象では、英会話には

「相手と付き合っていく上で重要なのは

その人自身の内面的魅力であり、

その人の周辺情報はなるべく聞かない」

という精神が根底にあるような気がしています。

 

逆に初対面の会話で好まれるのは

出身地や趣味についてでしょう。

 

英会話のコミュニケーションでは

相手の話へのリアクションも重要です。

 

ジティブな表現をしたいときは、

Sounds good! (いいね!)

Agreed.(私もそう思う)

That`s right.(そうだよね)

 

驚きを表現したいときは、

Are you serious?(本当に?)

No way!(嘘でしょ!)

Must be kidding!(しんじられない!)

 

などがあります。

相槌が単調になりすぎないように

こうしたリアクション表現も

使えるようになるとさらに良いですね!

 

 

百聞は一見に如かず、と言いますし 

英会話は離れも必要ですよね。

実際に練習したい?

そんなあなたには英会話教室がオススメですよ

 

 

 

一覧へ戻る

気になる事・ちょっとした相談なんでもOK!お気軽にご連絡ください!

無料レッスン受付中