英語の早口言葉、知っていますか?発音の練習にも◎ 名古屋の英会話教室 the scent(ザ セント)

Column
コラム

the scent.

英語の早口言葉、知っていますか?発音の練習にも◎

皆さん、英語の発音はどのように練習しますか??

 

せっかく長く習っていた、覚えた英語が上手く伝わらない。。。

聞くことはできるのに、同じように言っているつもりなのに何でだろう。。

 

 

 

 

 

 

 

なんて経験はありませんか!?

 

今流行の聞くだけ・・・なんていう方法も多いですね。

確かに言葉や発音の仕方を覚える上で聴きインプットをするということはとても大切です。

しかしインプットをするだけでなくきちんと声に出しアウトプットをするということも発音の練習にはとても重要です!

先生の発音をリピートしたり、本を声に出して読んでみたり様々な方法がありますよね^^

そんな中、あまり馴染みはないけれど、実はとても良い方法があります☆

それは・・・

 

早・口・言・葉です☆

 

 

 

 

 

日本語に早口言葉があるように英語にも早口言葉があります!!!

早口言葉を英語ではtongue twister と言います。

小さい頃に早口言葉で遊んだりした方は多いのではないでしょうか?

海外でも実は同じなんです☆

たくさんの言葉がありますが、

中でもよくネイティブの子供から大人まで楽しまれている英語の早口言葉10選を紹介していきたいと思います☆

 

①She Sells Sea Shells by the seashore.

(彼女は海岸で貝殻を売っています。)

ShとSを交互に発音する言葉。

よく間違えて発音しやすいのでここできちんと発音を覚えたいですね*^^*

 

②Eight apes ate eight apples.

(8匹の猿が8つのリンゴを食べた)

EとAの発音練習。

EとAは違う発音だったり近い発音だったりします。ごちゃごちゃになりやすいですが、一つ一つ丁寧に意識して発音しましょう。

 

③Red lorry, Yellow lorry.

(赤いトロッコ、黄色いトロッコ)

RとLの発音の違いを鍛える言葉。

よくRとLの違いは日本人が不得意とされている発音ですので、ネイティブの方にきちんと伝わるように違いを身につけたいですね!

 

④Freshly fried fresh flesh.

(油で揚げたての新鮮な肉)

L・R・Fの発音練習。

Fは上の前歯を下唇に乗せ、下唇を前に弾くように発音する。

 

⑤Peter Piper picked a peck of pickled peppers.

(ピーター・パイパーはたくさんの唐辛子の漬物を拾った)

Pの発音練習。

閉じた上唇と下唇の間から息を破裂させるように強めに発音すると綺麗なPになります。

 

⑥A big black bug bit a big black bear.

(大きな黒い虫が大きな黒い熊を噛んだ)

Bの発音練習。

Bの発音は両唇を重ね「バ」と言うのに加え、声帯を震わせるとPとの違いがより分かります。

 

⑦Vincent vowed vengeance very vehemently.

(ヴィンセントはとても激しく復讐を誓った)

Vの発音練習。

日本人にとってはBとVは同じ発音に聞こえてしまいますが、きちんと違いがあります!

Vの発音はFを発音する時のように、上の前歯を下唇に当てたまま「ブー」と言い、さらに下唇を前に弾くと上手く発音できます。

 

⑧Vivian believes violent, violet bugs have very big value.

(ビビアンは乱暴なスミレ色の昆虫には大きな価値があると信じている)

VとBの発音練習。

⑤と⑥のミックスです!

最初は違いをしっかり意識しながら丁寧に発音し、徐々にスピードをあげて発音に慣れましょう!

 

⑨He threw three free throws.

(彼はフリースローを3回投げた)

TH という発音は日本語にはないので難しいですが、きちんと発音できないと全く違う意味になってしまったり、通じなくなってしまいます。

舌を前に出して前歯で軽く挟み「スー」と音を出すと上手く発音できます!

 

⑩One smart fellow, he felt smart. Two smart fellows, they felt smart. Three smart fellows, they all felt smart.

(一人の賢い男、彼は賢い感じがしました。二人の賢い男、彼らは賢い感じがしました。三人の賢い男、)

fellowとfeltの発音に気を付け、文章の区切りを明確にすることを意識する。

 

いかがでしたか?

他にもたくさんの早口言葉がありますが、今回は日本人が発音しにくいものに舌を慣れさせるための文章を選びました!

早口言葉はなかなか大人になってから使うことはないですが、始めてみると意外と面白いですよね♪

また面白いだけではないんです、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早口言葉を練習していくと、メリットがたくさん!!!

「SH」「S」、「R」「L」、「V」「B」など似ている発音の練習にとっっっても効果的なのです!

最初は誰でも舌がついていきません。母国語でないのだから当然のことです!

しかし、練習を重ねるうちに舌の筋肉が鍛えられ、発音にも慣れ、流暢に綺麗な英語の発音をすることができます。

早口言葉であれば、友人やご家族とご一緒に遊びながらでのゲーム感覚で口を動かし、学習することができますね^^

さらに、、、

記憶力をアップさせる効果もあるのです!

自分にとってぎりぎりのスピードで難易度の高い問題をやると、脳のコンピューターが素早く動くようになり、記憶容量が増えるのだそうです。

早口言葉は出来るだけ早く出来るだけ正確に言うことを目的とするので、よりもの記憶容量を増やすには効果的なのです☆

 

是非この機会に早口言葉での発音練習を始めてはいかがでしょうか♪

スラスラと言えるようになった頃には、、、

あなたは、もう発音マスターです(*^▽^*)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

気になる事・ちょっとした相談なんでもOK!お気軽にご連絡ください!

無料レッスン受付中