英語の発音、ネイティブっぽく喋るコツを伝授します! 名古屋の英会話教室 the scent(ザ セント)

Column
コラム

the scent.

英語の発音、ネイティブっぽく喋るコツを伝授します!

こんにちは!

 

単語もいっぱい覚えたし、英会話もいっぱい勉強した。

でも、どうしてもネイティブっぽい発音にならない!!

 

そこでつまづいている方、いませんか?

 

かっこよく喋りたいのに、どうしてもカタカナ発音から抜けられないなんて淋しいですよね><。

せっかくなら、ネイティブみたいに発音したい!

そんなあなたの願いを叶えるための記事を書きました^^

 

かっこよく喋って、周りをあっと言わせちゃいましょう♡

 

 

なぜ日本人がネイティブみたいに喋るのは難しいの?

 

海外旅行や出張などで、発音が通じなくて困った経験がある人、たくさんいるのではないでしょうか。

コーヒーを頼んだつもりがコーラが運ばれてきたり、work と言ったつもりなのに walk と勘違いされたり、私自身は「テリヤキ」が通じなくて、四苦八苦した経験があります。。

 

一体どうしてこのようなことが起きるのでしょうか?

 

日本人がネイティブみたいな発音をするのは、なぜ難しいのか…?

 

一番の理由、それはエネルギーの消費量です。

 

英語は息を使って抑揚をつけ、単語のひとつひとつにアクセントがあります。

また、音声の高低も1オクターブくらい変化する、いわばエネルギー浪費型の言語です。

 

一方日本語は、息をあまり使いませんし、大きな抑揚もつけません。

また声の上げ下げの幅も小さく、淡々と話す言葉です。

一言で言えば、英語というのは燃費の悪いエネルギー消費型の言語であり、日本語というのは超省エネ型の言語なのです。

 

 

ですから、日本語をしゃべる要領で舌の位置や口の開き方だけを変えても、なかなか英語らしい響きにならないのです。

日本人は声が小さすぎということを意識して、まずは思い切って大きな声で、話してみましょう。

舞台の上で演劇をしているようなつもりで、大げさな身振り手振りで喋ることを心がけてください。

 

まずこれが、英語を通じさせる第1歩です。

 

 

日本人でも英語の発音を良くするために気をつけたいポイント

 

大きく口を開けて、大きい声で話しているのに、それでもいまいち通じなかったら、次は母音の発音。

ここもまた、日本人にとっては超難関です。

日本語には母音が「あ・い・う・え・お」の5種類しかありませんが、

英語にはなんと「20種類もの母音」があるのです。

 

 

ところが、多くの人は発音がよくわからない母音を、日本語の「あ・い・う・え・お」のいずれかの音に当てはめて発音してしまいます。

または、舌を丸めて「英語風」に発音する人もいます(笑)

無理に当てはめても、英語風にしても・・・当たり前ですが、正しい音でなければ通じません。

 

母音の発するポイントはいくつかありますが、大切なのは舌をずっと下の歯の裏か歯茎の裏につけて、不用意にブラブラさせないことです。

舌が浮いていると母音とはまったく異なる音になってしまうのです。

「舌を浮かせて発する母音」というのは英語に存在しませんので、この点はくれぐれも気をつけてください。

 

 

さて、ここからは、ネイティブの発音に近づけるための練習方法を3つご紹介します。

ぜひ、試してみてくださいね!!

 

口をとにかく大きく動かす

 

まずは口を大きく動かしてみましょう。

口の形は、「あ」「い」「う」「え」「お」が理想的です。

 

 

もちろん、英語に日本語の「あいうえお」と全く同じ発音はありませんので、音は出さなくて大丈夫です。

つまり、口パクで「あいうえお」を練習してみましょう。

 

ポイントは、どの形も大げさに表現することです。

 

例えば「あ」は目まで見開いてしまうほど大きく、「お」は口が細長くなるほど唇を前に突き出します。

普段、そんなに口の筋肉を使って発音をしていないので、これを何度か繰り返すだけでとても疲れてしまうと思います。

しかし、英語をネイティブのように発音するときは、常にこれくらい大げさに口の筋肉を使うことになります。

 

顔が筋肉痛になるくらい頑張りましょう!

 

 

息を前に吐き出す

 

英語は「音が前へ前へと出て行く言語」です。

反対に、日本語は喉の奥や口の中で音がこもるので、日本人が英語を発音すると聞き取りにくくなってしまいます。

ですので、できる限り音を口よりも前に出す練習をしましょう。

 

例えば、短めのため息をつくように「はッ」と音を出してみたり、口をすぼめてろうそくを吹き消すように「ふッ」と息を吹き出してみてもいいでしょう。

お腹と喉に力が入るのを意識して練習してみてください。

 

 

舌を前に突き出す

 

次は日本人が苦手な「TH」の発音が、スムーズにできるための練習です。

まず、「あっかんべー」をする時のように、舌を大きく前に突き出してみてください。

 

 

舌の付け根が痛いかもしれません。

ですが、舌を前に突き出す動きは、THの発音をするときにとても役立ちます。

THの発音は、舌を上の歯と下の歯の間に挟んで発音するものです。

 

舌を前の方に突き出す動きがスムーズにできるようになると、THの発音も上手になっていくはずです。

 

発音が難しいフレーズと、ネイティブに近づけるコツ

 

「v」や「L」と「R」など、日本人が苦手な発音について、どう発音したらネイティブに近づけるのか…。

ここでは、具体的な単語を例に出してご紹介です。

実際に発音しながら、読んでみてくださいね!

 

 

日本人はこれが苦手!「リンキング(リエゾン)」

 

この「リンキング(リエゾン)」とは、英語の音と音のつながりです。

例えば、「get it」を、我々日本人は「ゲット・イット」と覚えますが、実際にネイティブが「ゲット・イット」と発音することはほとんどありません。

たいていの場合、「ゲリット」と発音します。

この音と音のつながりを「リンキング」と言います。

これを攻略できると、だいぶネイティブに近づけると言えます。

 

日本人とネイティブとの英語のリンキング(リエゾン)での発音の違いをもう少し見てみましょう。

「with her」は「ウィズハー」ではなく「ウィザー」

「one of」は「ワンオブ」ではなく「ウァノブ」

「talk about it」は「トークアバウトイット」ではなく「トーカバリット」

などなど。

 

2〜3個の単語をつなげて発音するのが、ネイティブの英語では通常だと認識しましょう。

 

 

R、TH、F、Vを意識的に発音しながら1から10まで数えてみよう

 

この日本人が苦手な音を、意識的に発音しながら数を数えてみましょう。

そうすることで不思議な感覚ですが、自然にネイティブのような流暢な発音ができるようになります。

「One, Two, Three, Four, Five, Six, Seven, Eight, Nine, Ten」

例えば、数字の3を「three」と発音する時に「TH」が含まれ、数字の4では「four」と発音する時に「F」「R」、数字の5の「five」の発音には「F」と「V」が含まれています。

 

そして、それぞれの発音が慣れてきたら、「リンキング」を意識して下さい。

「1から10」までの数字の中で、どこの数字の発音が「リンキング」するか分かりますか?

それは、「seven」と「eight」です。「seven」の「n」と「eight」の「e」です。「seven eight(セヴネイト)」という感じになります。

 

 

映画やドラマのものまねで発音を練習

 

映画や海外ドラマの役者のものまねや洋楽など音楽のものまねで、発音を練習することもできます。

身近な音声でも構いませんが、電子辞書などにある音声をそのままものまねして発音するのいいでしょう。

子供が大人の言い方やイントネーションなどをまねする感じで、映画や海外ドラマのワンシーンでの俳優のものまねも楽しく続けられます。

 

 

 

いかがでしたか?

少しはネイティブな発音に近づけましたか?

 

今日ご紹介したことを少しずつ実践して、口と舌をトレーニングし、ネイティブのような英語の発音を手に入れましょう!

 

名古屋のオシャレすぎる英会話スクールthe scent

栄・久屋大通からすぐ!

カフェ感覚で楽しく英語が話せる!

入会金・年会費!!月々7000円~通いたい放題!

だから、上達する英会話教室。

Ⅼet’s enjoy English!

随時無料体験レッスン受付中!

 

 

一覧へ戻る

気になる事・ちょっとした相談なんでもOK!お気軽にご連絡ください!

無料レッスン受付中